リョウシンJV錠は四十肩や五十肩に効果あるの?

リョウシンJV錠は四十肩や五十肩に効果あるの?

リョウシンJV錠は膝や腰などの関節痛だけでなく、四十肩や五十肩、それに伴う頭痛の緩和にも効果があります。

 

ここでは、私がリョウシンJV錠を使ってみた感想や、成分の効果について触れていきます。

 

 

リョウシンJV錠を服用する目的は関節痛の緩和がだが、ついでに四十肩や五十肩も解消できればいいなと、考えている方には参考になると思います。

 

リョウシンJV錠を実際に使ってみて

 

私は空調設備の設計をしているので、設計図を日頃からチェックしています。設計業務で図面を見たことある方なら知っているかと思いますが、書いてある字が、めちゃくちゃ小さいんですよ。

 

よく目を凝らさないと文字なんか見れたもんじゃありません。そんな環境なもんで、職場の9割はメガネ。

 

目を酷使しすぎて、四十肩、五十肩を発症している人がほとんど。もちろん私もその一人のわけですが、、、

 

 

それで、リョウシンJV錠を飲み始めてからは「もうスッキリ!完璧に解消された!」ということはありません。夕方になると肩の痛みから頭痛がするのですが、それが少し緩和されたかなーという程度です。

 

 

それでも、飲んでない時よりかは幾分楽になりましたよ。

 

ガチガチの四十肩、五十肩に4つの有効成分が効く

 

このような効果が出るのは、リョウシンJV錠に配合されている成分のうち

 

  • シアノコバラミン
  • ピリドキシン塩酸
  • ガンマーオリザノール
  • トコフェロール酢酸エステル

 

この4つの有効成分が効いているからなんでしょうね。これらは、血行促進、傷ついた末梢神経を回復させる効果があります。

 

「肩こりが酷くて頭痛がする。一時的でも何とかしたい!」という方は一度試してみる価値はあるかもしれません。

 

リョウシンJV錠は根本的な改善方法にはならない

 

ただし、肩こりは日頃の生活習慣や精神的なストレスが原因で発症するものです。リョウシンJV錠は一時的に症状を緩和するものであって、肩こりが根本的に改善することはありません。

 

ですから、薬などの対処療法に加え

 

  • 正しい姿勢
  • ストレッチ
  • 適度な運動

 

日常にこれらを取り入れるようにしましょう。朝一にラジオ体操をするだけでも、効果があります。5分もかからないので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

リョウシンJV錠はあくまでも薬。いわゆる対処療法なので、根本的な解消にはなりえません。

 

しかし、一時的に肩こりを解消したいという方は試してみる価値はあるでしょう。

 

もっといえば、リョウシンJV錠を服用する本来の目的が「関節痛の緩和」で、ついでに肩こりも良くなればいいなーと考えている、私のような方にとっては、最適な医薬品ではないでしょうか。